記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600点台の頃はつらかったな~

 TOEIC挑戦の2年目、それはなかなかモチベーションがあがらない日々でした。
毎回、テスト後に打ちひしがれていた・・・そんな感じでした。
今、思うと600点台で伸び悩んでいた僕は、わからないことがありすぎて、何から勉強すればいいんだ?と自問自答しながら中途半端な勉強をしていたんだと感じます。
P7は常に10問以上が塗り絵、p3やp4にたどり着く前にp2でほぼ戦意喪失。
これが600点の現実ですよね。

ここから抜け出す答えはきっと簡単で、TOEICに出る文法や慣用句を徹底的に頭に入れるしかないのに、あっちの誘い文句にふらふら~、こっちの評判の良い本にふらふら~という薄くてためにならないことをしていました。
しっかりとした基礎を体になじませるしかない。そうですよねきっと。
51歳の終わりころ気づいたことは、才能のない者にとって、TOEICの点数は勉強時間(もちろんその時間内の努力や集中力も含めて)に左右される。ということです。
家に帰ってビール飲む前に2時間位の勉強ができないとやっぱり伸びないですよね。

「TOEIC たった○○で △△点上がった勉強法」
みなさんどう思います?
才能がある人が効率の良い勉強法で劇的に点数を上げた話は,才能にあふれていない僕にはあまり、いや、ほとんど参考になりません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toeicblog555

Author:toeicblog555
50歳からTOEICにチャレンジしています。「こたろう」と言います。50歳を期にふと思い立ち、英語学習を始めました。最初に受けたTOEICスコアは560(L295、R265)でした。50歳からどのように英語力が伸びるのか。自己の記録をありのままに綴ってみます。なかなか点数は伸びませんが、840点を目指し、日々、時間を削り出しながら勉強しているおやじです。勉強中はいつも愛犬が見守ってくれています(笑)

TOEIC結果
50歳
1:第193回 560(295 265) 初受験
2:第198回 605(375 230)
3:第203回 590(320 270)
51歳
4:第206回 640(360 280)
5:第208回 660(375 285)
6:第210回 720(355 365)
7:第212回 695(380 315)
52歳
8:第213回 685(385 300)
9:第216回 760(415 345)
10:第217回 770(430 340)
11:第218回 ?( )

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。